法人の概要

定款

当サイトではPDF形式のファイルを掲載しています。
PDFファイルを開けない方は、バナーをクリックして、Adobe Readerをインストールしてください。

あらまし

目的 社会福祉法人ふくい福祉事業団は、多様な福祉サービスがその利用者の意向を尊重して総合的に提供されるよう創意工夫することにより、利用者が個人の尊厳を保持しつつ、地域社会において、障害者がその有する能力に応じて自立した生活を営むことができるよう支援するとともに児童の健全な育成を図ることにより福祉の向上に寄与することを目的としています。
設立 昭和40年4月
運営施設 障害者支援施設福井美山荘の設置経営
障害者支援施設若越みどりの村の設置経営
障害者支援施設若越ひかりの村の設置経営
児童厚生施設福井県児童科学館の受託経営
住所 〒910-3623 福井県福井市島寺町67-30
TEL 0776-98-5960
FAX 0776-98-5963
Mail fukuji@bz04.plala.or.jp
HP http://business4.plala.or.jp/fukuji/

組織図

法人のあゆみ

昭和39年 12月 社会福祉法人福井県福祉事業団設立準備室発足
昭和40年 3月 厚生省社第126号で設立許可
4月 設立法人登記
事務局を福井県厚生部厚生課内に置く
総合福祉施設『福井県雲雀ヶ丘寮』の受託経営〔養護老人ホーム(入所定員80名)宿泊提供施設(入所24世帯)母子寮(入所20世帯)〕(昭和61年10月末廃止金津町へ移譲)
5月 重度身体障害者更生援護施設『福井県美山荘』(入所定員100名)の受託経営
8月 福井県老人福祉センター『夕凪荘』(入所定員70名)の受託経営(昭和58年7月末廃止三国町へ移譲)
昭和45年 7月 特別養護老人ホーム『福井県南条福寿園』(入所定員50名)の受託経営(昭和49年8月入所定員変更50名→100名)(平成12年3月末廃止南条町へ移譲)
昭和46年 5月 特別養護老人ホーム『福井県小浜福寿園』(入所定員50名)の受託経営(平成15年3月末廃止小浜市へ移譲)
7月 福井県奥越老人福祉センター『平泉寺荘』(宿泊定員50名)の受託経営(昭和58年9月末廃止勝山市へ移譲)
福井県嶺南老人センター『えびす荘』の受託経営(宿泊定員50名)(昭和58年3月31日廃止上中町へ移譲)
昭和47年 4月 事務局移転 福井市宝永3丁目2番地21号(福井県社会福祉会館内)へ
福井県国民宿舎トンネル温泉『つるが荘』の受託経営(平成14年3月末廃止)
9月 特別養護老人ホーム『福井県松岡福寿園』(入所定員50名)の受託経営(平成16年11月末廃止松岡町へ移譲)
福井県南越老人センター『芦山荘』(宿泊定員50名)の受託経営(昭和58年7月末廃止武生市へ移譲)
昭和48年 3月 全国社会福祉事業団協議会発足 同時加入
4月 軽費老人ホーム『福井県大安寺荘』(入所定員50名)の受託経営(平成17年12月末廃止社会福祉法人双和会へ移譲)
昭和50年 3月 福井県心身障害者コロニー『若越ひかりの村』 更生施設(入所定員100名)受託経営
基本財産『1,000万円』計画達成
4月 身体障害者療護施設『福井県若越みどりの村』(入所定員50名)の受託経営
12月 機関紙『心の泉』(創刊号)発行
昭和51年 7月 『若越ひかりの村』授産施設(入所定員100名)の受託経営
昭和52年 6月 『若越ひかりの村』児童施設(入所予定100名)の受託経営
『若越みどりの村』入所定員変更(50名→100名)
7月 三笠宮妃殿下『若越ひかりの村』を御視察
昭和54年 10月 第13回全国社会福祉事業団大会を福井市で開催
昭和55年 12月 事務局の移転 福井市光陽2丁目325番地(福井県社会福祉センター内)へ
昭和60年 4月 『若越ひかりの村』第二更生(重度)施設(入所定員50名)の受託経営
『若越ひかりの村』児童施設の入所定員変更(100名→50名)
平成2年 4月 知的障害者地域生活援助事業(グループホーム) 『舞屋ホーム』の開設
 平成3年 4月 『美山荘』第1期改築工事完成
平成4年 3月 『美山荘』第2期改築工事完成
6月 知的障害者地域生活援助事業(グループホーム)『江守ホーム』の開設
平成5年 5月 知的障害者地域生活援助事業(グループホーム)『明里ホーム』の開設
9月 清子内親王殿下『美山荘』を御視察
平成7年 9月 福井県福祉事業団 開設30周年記念行事
平成8年 4月 知的障害者地域生活援助事業(グループホーム)『眞栗ホーム』の開設
平成9年 10月 知的障害者地域生活援助事業(グループホーム)『新田塚ホーム』の開設
平成11年 5月 児童厚生施設『福井県児童科学館』の受託経営
7月 秋篠宮殿下『福井県児童科学館』を御視察
11月 常陸宮殿下『福井県児童科学館』を御視察
12月 知的障害者地域生活援助事業(グループホーム)『朝日ホーム』の開設
平成12年 4月 『若越ひかりの村』第三更生施設(入所定員25名)の受託経営
『若越ひかりの村』児童施設入所定員変更(50名→25名)
平成15年 2月 知的障害者地域生活援助事業(グループホーム)『青空ホーム』の開設
平成16年 11月 知的障害者地域生活援助事業(グループホーム)『丸山ホーム』の開設
平成17年 3月 『若越ひかりの村』児童施設廃止
平成17年 10月 知的障害者地域生活援助事業(グループホーム)『大宮ホーム』の開設
皇太子殿下『福井県児童科学館』を行啓
平成18年 3月 知的障害者地域生活援助事業(グループホーム)『松岡第一ホーム』『松岡第二ホーム』の開設
4月 『美山荘』を指定管理者制度により管理経営
『若越ひかりの村』を指定管理者制度により管理経営
『若越みどりの村』を指定管理者制度により管理経営
『児童科学館』を指定管理者制度により管理経営
 10月 知的障害者地域生活介護事業(ケアホーム)の併設事業指定『舞屋ホーム』『江守ホーム』『明里ホーム』『眞栗ホーム』『新田塚ホーム』『朝日ホーム』『青空ホーム』『丸山ホーム』『大宮ホーム』『松岡第一ホーム』
平成21年  4月 『美山荘』を指定管理者制度により管理経営(3年間・2回目) 
 〃 『若越ひかりの村』を指定管理者制度により管理経営(3年間・2回目)
 〃 『若越みどりの村』を指定管理者制度により管理経営(3年間・2回目)
 〃 『児童科学館』を指定管理者制度により管理経営(5年間・2回目)
平成21年 5月 知的障害者地域生活介護事業(ケアホーム)の併設事業指定『松岡第二ホーム』 
平成23年 3月 知的障害者地域生活介護事業(ケアホーム)『真栗ホーム』の廃止 
平成24年 4月 法人民営化により法人名称変更社会福祉法人福井県福祉事業団→『社会福祉法人ふくい福祉事業団』へ
新法移行障害者支援施設 施設名称変更 福井県美山荘→『福井美山荘』、福井県若越みどりの村→『若越みどりの村』、福井県心身障害者コロニー若越ひかりの村→『若越ひかりの村』へ
平成25年 4月 『松岡第一ホーム』を『松岡ホーム』に名称変更し、『松岡第二ホーム』の廃止
平成25年 5月 『島寺ホーム』4月開設に伴う『若越ひかりの村』利用定員の変更
『第一入所支援100名→95名』『第四入所支援100名→75名』『就労継続14名→24名』