消費税増税に伴う製品価格改定について
2014.1/5 掲載

                当店の製品に関心をお寄せくださる皆様に感謝申し上げます。

 すでに各種報道等でご存知のとおり、2014年4月1日より消費税が現行の5.0%から、8.0%に増税されます。
また、昨年からの急激な円安・続く原油高・各種原材料市況の高止まりは今後も続くと予想され、当店に納入される部材価格も
上昇すると思われます(実際に円安進行の中、昨年9月にケーブルの納入価格が引き上げられました)。さらに、今回は物流価格
(いわゆる運送料。宅配便などの送料は基本的に内税価格です)にも影響を与えると推測します。
 当店は「顧客に合わせたオーダーメイドのハーネス製作」を事業主旨としている関係上、「3月までに国内外のどこかの工場へ
完成品を大量発注・大量生産しておく」といったことができません。

 そのようなさまざまな事情から、当店の各種製品については増税前と増税後、以下のように変更する予定です。


1.製品の”セット内容の見直し”を行います。

 2014年4月1日より、メインハーネスセットには「接続機器側コネクタ」が付属しません。
 「接続先機器側コネクタセット」がハーネス製品と一緒に必要な方は、3月中にご注文をお願いします。


  現在のセット製品には本体の他、「接続先機器の補修用コネクタ」が付属しています。これは本製品の性能をフルに発揮できる
  ようにという気持ちからですが、一方で「すべての相手側コネクタを交換するか?」は、あくまでユーザーの判断です。
  当店は「必ず全交換してください」とまでは言えませんので、つまり、すぐには不要だと感じている方もいるでしょう。
  もちろん各種コネクタは常時在庫しておりますので、「別売の関連商品ラインナップ」を新たに増設します。
  4月以降、必要な方はこちらを併せてご注文ください。製品に同梱してお届けします。

  注意:本製品の取扱店にはコネクタ等の在庫がありません。当店に直接ご注文いただいた方にのみ対応できます。
     (用品店は内外全車種を対象としている関係上、「3HMのCDIのコネクタも一緒に欲しい!」などとコアなコトを
      求められても解かりません。予測できるトラブルはお互いに残念な結果になるリスクもあるというコトですので、
      具体的なご相談は製作元の当店まで直接お願いします。)



2.現在ラインナップ中のハーネス製品は、2月1日より
  
「これまでのセット製品」と「増税後の”新”セット製品」を併売致します。

 2月1日〜3月31日の2ヶ月間、
 ・「従来のセット製品」=「接続先機器側コネクタも付属したセット」
 ・「増税後のセット製品」=「ハーネス本体のみ(接続先機器側コネクタは別売)のセット」
 の2種類が併売されます。


  申し訳ございません。製作関連部材の需要動向は、当店にも増税前後の予測が難しい状況です。
  ・既存のラインナップ製品の製作に支障が無いように。
  ・新規ラインナップ製品の開発や、ワンオフオーダーへの部材を確実に確保するために。
  これらに対する各種部材の在庫管理、部材メーカーへの新規発注・追加発注の必要性の判断が当店にも必要になります。
  よって、この時期にスムーズな対応を維持するため、「従来セット」と「新セット」を併売致します。
  紛らわしくてご迷惑をおかけするかもしれませんが、何卒ご理解をお願い申し上げます。

  注意:本製品の取扱店では、2月1日より「ハーネス本体のみ(接続先機器側コネクタ無し)のセット」が販売されます。
     「接続先機器側コネクタ付セット」をご希望の方は、「当店への直接注文」または「取扱店での取り寄せ注文」を
     お願い申し上げます。



3.増税後も「税別価格」で表示します。


 上述の”セット内容の見直し”によって、ハーネス製品の増税前「税別価格」「税込価格」は下がりますが、
 増税後の「税込価格」は従来製品とほとんど変わらなくなります。
 一方、コネクタ等の各種関連部材の販売については、「現在の税別価格」の見直しは行いません。


  当店で製造する製品ついては「税込の総価格」が極力変わらないように今回は対応致します。しかし、コネクタ等の関連部材
  は「製品を製作するための材料」であり、すでに納入コストが生じていることから「税別価格」の見直しは行えません。

  各種関連部材の購入をご検討中の方は増税前に、早めに購入、またはご相談ください。


4.今回の改定後は、不定期で製品価格を変更します。

  他ページでも記述していますように、個々の関連部材は「大メーカー⇔大メーカー」でのみ流通する製品であり、発注の度に
  「納入価格の見積り交渉」があります。今後は各種経済指標・原材料市況が確実に影響・反映すると思われます。
  また2年後には、さらに10.0%へ増税の可能性もあります。
  そのような将来事情の変化を鑑みて、コストダウンのためであっても「けっして品質だけは落としたくない」と考える当店は、
  不定期ですが「適正な製品価格への転嫁」を随時行います。



 当店が言うのは非常におこがましいのですが、オーナーズクラブの代表を20年以上務めてきた自分が手がける気持ちは
「コスト制約があるメーカーにはできない”国内最高の部材”を揃えて、純正品を凌駕する製品をユーザーに提供する」
「たとえ高価であっても、絶対的に優れたモノを選択するユーザーは必ず存在するはず」
というものです。現在のオーナーはもちろん、それを受け継ぐ「未来のユ−ザー」に愛車を残すためにも、一切妥協はしないと
決めて本事業を始めました。
 その決意に恥じることなく、劣ることなく。負けることも挫けることもなく。
 すべてのユーザーの”本願”に誠実に応える「製品」をお届けするために、日々改良・精進して参ります。
 今後ともご愛顧と応援のほどを、よろしくお願い申し上げます。

 おもしろい画像も無く、用件のみの長文で申し訳ございませんでした。

  ハイ・サイド. 村上 洋之