Q1 臓器移植とは何ですか?

 臓器移植は、先天的または後天的な疾患などで、心臓、肺、肝臓、膵臓、腎臓、小腸、角膜の機能が著しく低下したり、機能を失うなど重い障害のある方にとっての根本的治療法の一つです。そして、それは善意による臓器の提供によって、はじめて成り立つ医療です。

Q2 移植できる臓器の種類は何ですか?

 心臓、肺、肝臓、膵臓、腎臓、小腸及び角膜です。

Q3 臓器移植を受けるにはどうしたらいいですか?

 健康な人からの臓器提供による生体移植は、各病院で行われており、当協会は対応しておりませんので、各病院にお問い合わせ下さい。亡くなられた方からの角膜を除く臓器移植は、日本臓器移植ネットワークに、角膜は当協会(秋田県アイバンク)に登録していただく必要があります。

Q4 日本臓器移植ネットワークに移植希望登録するためには、どうしたらいいですか?

 臓器によって異なります。詳しくはこちらをご覧ください。また、秋田県内で腎臓、角膜移植を希望される場合には、こちらをご覧ください。

Q5 日本臓器移植ネットワークに移植希望登録をするためには、費用はいくらかかりますか?

 日本臓器移植ネットワークへの最初に必要な移植希望登録の費用(新規登録料)は3万円です。また、毎年3月末に更新するための費用(更新料)は、5千円必要です。いずれも生活保護世帯、または住民税の非課税世帯の場合、所定の書類を提出していただくことにより免除されます。
 角膜の移植希望登録については無料です。

Q6 秋田県内で提供された臓器は秋田県内の人に移植されますか? 

 腎臓については、優先順位として、同一都道府県内の方に12点という点数が加算されますので、秋田県内の方に移植される可能性は高くなります。詳しくはこちらをご覧下さい。

Q7 秋田県内で臓器の移植手術を受けられますか?

 秋田県内では、秋田大学医学部付属病院で腎臓と角膜の移植手術を行うことができます。その他の臓器について、詳しくはこちらをご覧ください。

Q8 臓器移植の手術代は健康保険が適用になりますか?

 小腸を除く臓器移植に健康保険が適用されます。

Q9 臓器移植を受けた場合、提供いただいた方に謝金等が必要ですか?

 臓器提供者(そのご家族)と臓器移植者は、決して名前や住所は知らされません。

Q10 腎臓は1回の移植で2腎を移植するのですか?

 腎臓は一つで十分な機能が期待できます。したがって2つの腎臓を移植されることはありませんが、例外的に移植されることもあります。


Q1 提供するために事前の手続きは必要ですか? 

 事前の手続きは必要ありませんが、ご自身の提供したいという気持ちを意思表示カード等で表示し、その気持ちをご家族に伝えておくことが大切です。
 平成22年7月17日に施行された改正臓器移植法により、本人の意思が不明な場合でもご家族の承諾があれば臓器提供できるようになりましたが、もしもの時に家族が判断に迷わないためにも、臓器提供についての意思を表示しておきましょう。

Q2 臓器提供の意思を登録することはできますか?

 角膜以外の臓器については、日本臓器移植ネットワークで、インターネットによる「臓器提供意思登録」ができます。これは、臓器を提供したい人、臓器を提供したくない人、どちらでも登録できます。詳しくはこちらをご覧下さい 。

Q3 臓器は誰でも提供できますか?

 悪性腫瘍や全身性の感染症で亡くなられた場合には、臓器の提供ができない場合がありますが、実際の臓器提供時に医学的検査を行い判断します。現在、病気に罹っている人や薬を飲んでいる人でも提供できるかどうか医学的な判断をします。

Q4 臓器提供に年齢制限はありますか?

 臓器提供適応基準では、おおよそ、心臓50歳以下、肺70歳以下、膵臓60歳以下、腎臓70歳以下、小腸60歳以下が望ましいとされておりますが、この年齢を超えた人でも医学的に提供が可能である場合もあります。

Q5 献体と臓器提供はどちらもできますか?

 献体も臓器提供も希望することはできますが、実際にお亡くなりになられたときは、どちらかしかできません。
 献体は、ご遺体を預けて、通常1年~2年、長い場合は、3年以上してから遺骨としてご家族の元に戻ります。
 臓器提供の場合には、数時間の摘出手術後、すぐにご家族の元に戻り、通夜や葬儀をおこなっていたくことができます。

Q6 脳死下と心停止下の臓器提供の違いは何ですか?

 提供できる臓器が異なります。脳死下臓器提供では、心臓、肺、肝臓、膵臓、腎臓、小腸、角膜です。心停止下臓器提供では、膵臓、腎臓、角膜ですが、膵臓は医学的条件が厳しいため、ほとんどが腎臓と角膜の提供をいただいています。
 また、脳死下臓器提供は法律に基づいた脳死判定を2回行い、終了した時刻が死亡時刻となります。その後、何らかの理由により提供に至らない場合でも死亡時刻の変更はできません。心停止下臓器提供は、法律に基づく脳死判定を受けることはありません。

Q7 臓器提供にかかる費用についての負担はありませんか?

 臓器提供者の側には、臓器提供にかかる費用は一切かかりません。また、善意による提供なので葬儀の費用や謝礼が支払われることもありません。

Q8 臓器はどこの病院でも提供できますか?

 心停止下の提供であれば、手術室のある病院で提供できます。脳死下での提供は、秋田県内では、公表されている病院として、秋田大学医学部附属病院、秋田赤十字病院、秋田県立脳血管研究センター、由利組合総合病院、大曲厚生医療センター、平鹿総合病院です。

Q9 臓器の摘出にかかる時間はどのくらいですか?

 提供する臓器によっても変わりますが、すべての臓器の摘出には3~5時間程度を要します。

Q10 遺体はどのような状態で戻ってきますか?

 摘出手術の傷は残りますが、通常の手術傷と同様に、身体は礼意をもって丁寧に扱われ、傷口を縫合して、清潔なガーゼで覆われます。その後、お身体をきれいにし、すぐにご遺体をご家族にお返しいたします。

Q11 臓器の提供から移植が終わるまでの流れはどうなっていますか?

 詳しくはこちらをご覧ください 。

Q12 本人が臓器を提供したくないと意思を表示しても、家族が承諾をすれば提供できますか?

 本人が臓器を提供したくない意思表示をしていた場合、臓器は提供されません。

Q13 臓器を提供した場合、氏名等は公表されますか?

 プライバシーの保護を第一に考え、個人情報は一切公表いたしません。
 しかし、脳死下臓器提供等の場合は、情報開示と透明性の確保の立場から、臓器の提供と移植に関する情報の公開が社会から求められております。事前にご家族に説明し、ご了解をいただいた内容のみ情報を公開をします。



Q1 献眼登録をするにはどうしたらよいですか?

 詳しくはこちらをご覧ください。

Q2 近視や乱視でも献眼できますか?

 近視、乱視、老眼、白内障、色覚異常の方でも角膜が透明であれば献眼できます。

Q3 献眼をするのに年齢制限はありますか?

 特に年齢制限はありません。

Q4 献眼をするのに時間の制限はありますか?

 目安として、心停止後12時間までは提供可能ですが、季節や死亡時の状態も関係しますので早めの連絡をお願いします。

Q5 献眼をした後はどのようになりますか?

 摘出後、義眼(可燃性)を挿入しますので外見上は何ら変わりはありません。
 また、献眼者には厚生労働大臣の感謝状が贈呈されます。

Q6 献眼できない場合はありますか?

 医学的に肝炎(B型、C型)、エイズ、白血病、敗血症等の感染症を伴う場合は献眼していただくことができません。


Q1 意思表示はどのようにすればいいですか?

 詳しくはこちらをご覧下さい。

Q2 意思表示をしていなかったら、臓器提供をされてしまいますか?

 本人の意思が不明な場合、家族の承諾で臓器提供が可能ですが、必ず提供されるわけではありません。
 意思表示をしていない場合、臓器を提供するかどうかは、ご家族が判断することになりますので、意思を表示し、大切なご家族に自分の意思について(提供したい、提供したくないなど)伝えておくことが重要です。

Q3 家族署名は必要ですか?また、誰が署名するべきですか?

 必ずしも家族の署名はなくても有効です。実際には、移植コーディネーターから詳細な説明をさせていただいた後に、ご家族の総意としてお返事をいただきます。このとき一人でも反対の方がいれば、臓器の提供をできません。

Q4 署名年月日はいつを記入したらよいですか?途中で書き換えた場合の年月日はどのようにしたらよいでしょうか?

 署名した日付にしてください。書き換えたい場合は新しいカードに必要項目を記入し、書き換えた日付を記入してください。カードをいくつか持っている場合は、署名年月日が一番新しいものが有効になります。

Q5 意思表示をする時、事前に何らかの検査や届け出が必要ですか?

 カードを所持する時点での検査は必要ありません。また、届け出ることも必要ありません。

Q6 未成年でも臓器提供の意思表示はできますか?

 未成年の方でも、15歳以上であればできます。

Q7 臓器提供意思表示カードはどこで配布していますか?

 お近くの保健所、市役所、警察署、一部のコンビニエンスストア、病院の受付等に設置しています。


Q1 臓器移植コーディネーターやアイバンクコーディネーターはどのような役割をする人ですか?

 日本臓器移植ネットワークには、本部と全国3つの支部を活動拠点とする専任の臓器移植コーディネーターがいます。また各都道府県には、腎臓バンク、臓器バンク、医療機関などに都道府県臓器移植コーディネーターがいます。
 主な役割は、移植医療の普及啓発、移植希望者の登録、更新、ドナー情報への対応を行っています。特にドナー情報への対応では、臓器提供に関するご家族への説明、実際の提供から移植までの手続きや提供施設から移植施設までの臓器の搬送、提供後のご家族のケアなど、ドナーやドナー家族への対応を24時間体制で行っています。
 アイバンクコーディネーターは、秋田県内眼球提供者の登録、秋田県の眼球提供カードの発行、献眼時の対応、ご家族へのインフォームドコンセント、眼球摘出医師の対応、提供施設から移植施設までの眼球の搬送、提供後のご家族への移植の報告等、献眼時の対応を24時間体制で行っております。 

Q2 病院内にもコーディネーターがいるのですが、どのような役割をする人ですか?

 各病院内でも移植希望者や移植後のケアをするレシピエントコーディネーター、臓器提供に関する体制を整備する院内コーディネーターがおります。秋田県では、院内コーディネーターに委嘱状を交付しております。

Copyright© 2013 Akita Transplant Medical Society All Rights Reseved.