バナー
生徒心得

 北海道剣淵高校高等学校生は、生徒としての自覚と誇りをもち楽しい学校生活を送るために、本校で定められた生徒心得を日常生活に実践しなければならない。
[1]礼  儀
 ア.すべて礼は互いに人格を尊重して行うこと。
 イ.入室の際は必ずノックし、応答があってから入室すること。
 ウ.言語・動作は明朗活発にし、礼を保つこと。
[2]服  装
 ア.本校の制服を正しく着用すること。
  @ 男子の服装 ※学校指定のものを着用すること
    ブレザー・白ワイシャツ・ネクタイ・スラックス・ベルト・靴下・上靴
    ●ワイシャツの裾はズボンから出さないこと
  A 女子の服装 ※学校指定のものを着用すること
    ブレザー・白ブラウス・ベスト・リボン・スカート・黒又は紺のハイソックス・上靴
    ●スカートの丈は膝頭が見え隠れする程度とし、極端な長短は認めない
  B 校舎内でのジャージ、実習服の着用は特別な指示がなければ着用しない
 イ.通学時における服装。
  @ 通常時の登下校は制服以外認めない
  A 朝練習・休日・長期休業中の部活動時のみ、指定ジャージ及び部活統一の服装での登下校を認める
  B コートやダウン等の防寒着の着用は認めるが、校舎内では制服とする
  C 女子の防寒として、ストッキング(無地)・タイツ(黒・紺)を認める
[3]頭  髪
 ア.髪型は高校生の品位を保ち、他人に不快感を与えないものでいつでも面接できるスタイルとする。男子は髪が耳や衿にかからないこと。女子の長髪は、授業その他の活動の妨げにならないように束ねること。
 イ.頭髪の染色・パーマ・エクステンション・その他の加工については認めない。
 ウ.髪留め類の色は高校生としての品位を保ち、派手なものはさける。
 エ.ピアス・ネックレス・指輪・ブレスレット・イヤリングなどは認めない。
 オ.化粧・有色リップスティックおよびマニキュア・つけ爪などは認めない。
[4]所 持 品
 ア.通学及び外出する時は常に本校の身分証明書を携帯すること。
 イ.不必要な金品は所持しないこと。
 ウ.所持品には必ず記名をすること。
 エ.金品を紛失、又は拾得した時及び遺失物を発見した時は、直ちに教員に届けること。
[5]授   業
 ア.生徒は、授業中静粛にすること。
 イ.遅刻・早退のときはその理由を担任に申し出、許可を受けること。
[6] 校内生活
 ア.校内においてはお互いを尊重し節度を保ち、他人に不快感や迷惑を与えるような行動はとらないこと。また男女交際は明朗であること。
 イ.生徒間の金銭の貸借は原則として禁止する。
 ウ.職員室へは、服装を正して入室すること。
 エ.授業と休み時間にメリハリをつけ、チャイムが鳴る前に行動すること。
 オ.学校内で携帯電話はマナーモードか電源を切ること。休み時間・放課後問わず学校内では音を鳴らすことを禁止する。授業中は携帯電話の電源を切り使用しないこと。守られない場合は携帯電話を没収する。
 カ.昼休み・放課後以外でのイヤホンの使用を禁止する。(ぶら下げも禁止)
 キ.放課後以外での携帯ゲーム機の使用を禁止する。
 ク.校舎内ではゴミの分別を徹底すること。ペットボトル・牛乳パックは洗った上、専用のゴミ箱に捨てること。
 ケ.校舎内での給食を含む飲食はHR教室内のみでおこなうこと。廊下や移動教室内では飲食しないこと。またガムについては一切校舎内に持ち込まないこと。
 コ.校舎・校具は整頓し、汚したり破損しないこと。もし破損したときは直ちに担当教員に申し出て、その指導を受けること。
 サ.掃除は全員協力して行うこと。
[7] 校外生活
 ア.校外生活は、常に高校生としての自覚と誇りを持つと共に、社会の一員であることを認識して良識ある行動をとること。
 イ.余暇を利用して、自己の向上充実に努力すること。
 ウ.外出するときは行き先を保護者に告げ、服装は高校生らしいものを着用すること。
 エ.保護者同伴以外は、21時以降の外出、及び外泊はしないこと。
 オ.保護者同伴以外は、酒類のおいてある店などへの出入りはしないこと。
 カ.次の場所への出入り、遊びなどは禁止する。パチンコ店、麻雀荘その他高校生にふさわしくない場所。薬物及びシンナー、飲酒・喫煙等法律で禁止されている行為は絶対にしないこと。
[8] そ の 他
 ア.アルバイトについては学校に届け出ること。また行う場合は学業に支障のない範囲で行うこと。学業不振が明らかなときは中止を要請する。
 イ.各種届出はボールペンで丁寧に記入し、認印を使用すること。
 ウ.バイク免許、バイク通学、自動車免許に関することは担任を通じて問い合わせること。ただし寮生についてはバイク免許及びバイク車両取得を認めない。
 エ.インターネット利用(携帯電話も含む)においては、誹謗・中傷したり、無断で個人情報を公開する行為を行わないこと。行為が発覚した場合は特別指導の対象とする。
 オ.不明な点は担任を通じて、生徒指導部まで問い合わせること。


|戻る|