トップ共済制度給付事業指定保養所一覧福利厚生事業各種様式


『北見市勤労者福祉サービスセンター』は、こんな財団法人です。
 大手企業並みの福利厚生制度を市内の企業でも提供しようと、昭和52年に北見市の支援を受けて、「北見市勤労者共済会」が設立され、その後平成3年に財団法人となり現在に至っております。
 現在では、北見市内の中小企業などで働く約450社(事業所) 3,000名の方々が加入されており、各種給付金や多彩な福利厚生事業の活用により大変喜ばれております。
 当サービスセンターの運営は、会費や参加費等を原資に各種福利厚生事業を実施しており、管理費等については、北見市からの補助金等により賄われております。
≪サービスセンターのしくみ≫
サービスセンターのしくみ


『勤労者の幸せ』と『企業経営の安定化』を目指しています。
 市内の中小企業等で働く皆様の福祉向上と企業の安定経営にむけて、共済制度を通して充実した福利厚生事業を各企業等に代って行う役割を果たしてきております。
 事業運営は“給付事業”と“福利事業”の2つの柱からなっており、安い掛金で勤労者が楽しく安心して働ける環境づくりのお手伝いをさせて頂き、合わせて雇用の安定を促進することにより企業の健全な発展と振興に寄与しております。


入会できる主な要件です。
  • 市内の中小企業に勤務する従業員と事業主の方が対象で事業所単位となります。
  • 市内に本社等があり、市外の支店や営業所等に勤務する方も加入できます。
  • 本社等が市外である場合でも、市内の支店や営業所等に勤務する方は加入できます。
  • 同一事業所内で会費を個人負担によるグループでの加入もできます。


安い掛金で安心と多彩な事業を提供します。
  • 入会金 1人につき 200円(入会時のみ)
  • 月会費 1人につき 500円(入会翌月から)

※会費等を事業所が負担した場合は、所得税法の必要経費、法人税法の損金として認められます。

月額500円の会費で、祝金(出産・就学・成人・結婚・結婚記念・還暦・永年勤続)、弔慰金、見舞金(疾病・障害・住宅災害)などの豊富な給付内容となっています。
また、指定保養所助成、割引協力指定店、各種検診費・参加費・利用料への助成、スポーツ・レクリエーション事業、趣味の教室・娯楽文化等への助成など多彩な福利厚生事業が揃っています。


企業や経営者にはこんなメリットがあります。
  • 企業のイメージアップと若い人材の確保や有能な人材の定着が図れます。
  • 従業員の福利厚生が充実します。また、事業主や役員も加入できます。
  • 北見市からの運営費補助があるため、安い会費(月額500円)で加入できます。
  • 会費等を事業主が負担した場合、損金等として扱われ節税が図れます。
  • 従業員の慶弔金や勤続祝金の負担の軽減が図れます。
  • 全国のホテルや旅館等が貴社の指定保養所として気軽に利用できます。


会員本人や家族にはこんなメリットがあります。(家族は一部対象外あり)
  • 慶弔金や勤続祝金等がさらに充実します。
  • 人間ドック等の受診料負担の軽減が図れます。
  • 余暇活動や各種事業に低料金で参加できます。
  • 映画や芸術・音楽等の鑑賞券の割引購入ができます。
  • レジャーやスポーツ施設等の利用料に助成が受けられます。
  • 事業参加を通して他事業所会員との交流や家族サービスができます。
  • センター広報紙「いちい」や全福センターから各種情報提供が受けられます。


【お問い合わせ先】
一般財団法人北見市勤労者福祉サービスセンター 
〒090-0040 北海道北見市大通西3丁目1番地
電話番号 0157-22-7115 FAX番号 0157-25-4992
▲トップへ