各種助成及び助成券発行のお知らせ一覧
トップ 事務局から 共済制度 給付事業 指定保養所一覧 福利厚生事業 各種様式 情報公開
更新日:2019.8.11


 今年の会員交流会は、10月4日にオホーツクビアファクトリーにて開催の予定です。
 第34回たんのカレーライスマラソンの参加料の一部助成について
 第46月回池田町秋のワイン祭り日帰りバスツアーは、助成方式とします!
 秋の「全国共通映画鑑賞券」斡旋は、昨年と同様10月に行います。
 第11回北見ハーフマラソン大会参加料の一部を助成します。
 活用ください!!(各種助成、当センター窓口で取り扱います。)
 各種助成など窓口で取り扱い中です!!(現金不要のものはFAX/郵送対応可)
 安全、確実、有利な国の退職金制度です。


4回目となる今年の 「会員交流会」 は、昨年飛び入りで一曲ご披露頂いた 日本で唯一のNHKのど自慢グランドチャンピオン&チャンピオン夫婦デュオ 「GRACE(Atsuko&Tadashi)」 のお二人をゲストにお迎えして、ミニライブを企画いたしました。
勿論、恒例の大抽選会のほかケーキ・地酒コーナーも用意いたします。多くの皆様のご来場を心よりお待ちしております。
開催日時: 令和元年10月4日(金)午後6時30分(受付午後6時)から
開催場所: オホーツクビアファクトリー
(北見市山下町2-2-2 TEL 0157-23-6300)
アトラクション: GRACE(Atsuko&Tadashi)のミニライブ・大抽選会
募集人員: 会員及び20歳以上の登録家族 120名(先着)
会費等: 1人につき 2,000円
申込方法: 事業所ごとに「参加申込書」に必要事項を記入のうえ、9月9日(月)~13日(金)の間に 参加人数分の会費を添え 当センター事務局にお申込みください。
※当日(10/4)は 会員交流会準備のため 事務局の営業を 午後5時で終了させていただきます
↑このページのトップへ


~ 今年は 10月6 日(日)に催行。下記により旅行代金のうち、1人につき 1,800円を助成します! ~
助成対象: ㈱東北海道トラベル(ハートフルツアー)企画催行の「第46回池田町秋のワイン祭り日帰りバスツアー」
助成金額: 下記旅行代金に対し、一律1,800円を助成(助成対象者:会員/登録家族 先着20名)
日程概要: 集合:留辺蘂:レストランe'f 6:15 = 北見:中央プロムナード南口 6:45 = 東武イーストモール 7:00
解散:東武イーストモール 16:30 = 北見:中央プロムナード南口 16:45 = 留辺蘂:レストランe'f 17:15
旅行代金: 大人9,800円 中高生7,800円 小学生5,800円 幼児(3歳以上)3,800円
手続手順: ①ハートフルツアー(?0157-56-4110)に電話し、当センターの会員である旨を伝え予約をする。
②予約がとれたら、当センター窓口で助成手続(契約保養所と同様、利用券の交付申請)をする。
③当センター発行の「パックツアー利用券兼請求書」をハートフルツアーに持参し、旅行代金から
助成額を減じた額を添え、当該利用券を提出する。
↑このページのトップへ


生涯学習を始めませんか!(道新文化センターへの入会金を助成)

書道、絵画、茶道、料理、手・工芸、音楽、舞踊、語学、パソコンなど多彩なメニューが揃っています。
この機会に助成を活用して生涯学習を始めませんか。
助成金額: 入会料2,160円(18歳以下と70歳以上は半額)定員5名(会員のみ) 最初の入会時に限る。
助成方法: 道新文化センター発行の「会員証」と領収証を持参し、当センターで手続をしてください。
後日、事業所口座に助成金を振込みます。
なお、入会や各講座内容等については、北見道新文化センターへお問合せください。
〔北2条西3丁目 ナップスビル地階 TEL/FAX(0157)61-8854〕
↑このページのトップへ


※ 助成方法は、「スポーツ観戦料助成」、「文化/芸術等鑑賞料助成」とも同様の手続きです。
事前に当センターへ申込み、観戦後又は鑑賞後に「チケット半券」を持参し、助成手続きをしてください。
助成金は、後日、事業所口座に振込みます。
スポーツ観戦料の助成
市内を含む道内で開催の在道各種プロ球団のゲーム、又はアマチュアスポーツの大会(試合)等を観戦する際に助成 します。
お好きなスポーツ(大会)を観戦し、道内のチームを応援しませんか。
助成金額: 1,000円(ただし、観戦料2,000円以上)
助成定員: 100名(会員/家族 年度内1回)


文化/芸術等鑑賞料の助成
市内を含む道内で開催される演劇、演芸、コンサート、美術展等を鑑賞する際に助成します。
お好きなものを鑑賞して心のリフレッシュをしませんか。
助成金額: 1,000円(ただし、鑑賞料2,000円以上)
助成定員: 100名(会員/家族 年度内1回)
↑このページのトップへ


指定保養所利用助成(指定保養所一覧)
当センター指定の契約保養所を利用した際に助成します。
助成金額: 会員2,000円・家族1,000円
助成定員: 320名(会員/家族 年度内1回)
助成方法: 事前に当センターで「利用券兼請求書」の交付を受け、当該保養所に提出してください。
後日、事業所口座に助成金を振込みます。
「阿寒ロイヤルホテル」と「グランドホテルアレックス川湯」は、現在も 休業中とのことですので、ご注意ください。
↑このページのトップへ




ただ今、各種助成など取扱中です!!


常呂町健康温水プールの利用料助成(6月3日から 助成券の交付を開始)
助成対象: 会員のみ
交付枚数: 1会員5枚まで(40枚限定)
助成額: 150円(利用料480円)
申込等: パークゴルフと同様、当センター事務局にて、助成券の交付の申込み (FAX可) をしてください。
↑このページのトップへ


~ 今年も助成します! みんなで北見の名産品を応援しよう !! ~
「オホーツクビール」を堪能する助成券  「オホーツク北見塩やきそば」を味わう助成券
ところ: オホーツクビアファクトリー(OBF)
助 成 額: 500円(2,000円以上飲食の際に使用可)
助成対象: 会員(100枚限定)
助成期間: 7月1日(月)~2月29日(土)
と こ ろ: ホテル黒部 /OBF/瀋陽飯店
助 成 額: 300円(1食800円~900円)
助成対象: 会員(150枚限定)
助成期間: 7月1日(月)~2月29日(土)
※助成券は、6月24日(月)~ 当センター窓口にて交付
↑このページのトップへ


秋の味覚を楽しみませんか

開園期間: 10月1日(火)~10月20日(日)の予定 = 電話で確認してから来園をとのこと!
場所: 十字ヶ丘農園(川東434 ?25-3091)
助成対象: 会員/同居家族(50名限定)
入園料金: 中学生以上 400円(一般 600円) 小学生 300円(同 500円)
幼児(4歳以上) 200円(同 400円)
申込方法: 9月17日(火)から当センター窓口で助成券を発行する予定です。
ご利用の際は、助成券に会員入園料金を添え、同農園の受付へ提出して下さい。
↑このページのトップへ


開催日: 令和元年10月13日(日) 雨天決行
会場: 香りゃんせ公園(朝日町河川敷)
コ ー ス: 香りゃんせ公園及び周辺コース
ゲスト: 千葉真子さん
申込期間: 7月1日から 郵便振替8月29日(木)・ネット申込9月13日(金)まで
主催者: 公益社団法人北見青年会議所・オホーツク陸上競技協会
主管: 北見ハーフマラソン大会実行委員会 ?0157-24-2762
助成対象: 会員のみ(20名限定) 
助成額: 一律1,000円 (助成対象種目:ハーフマラソン・10Km・5Km) 
申込方法: エントリーしたことを証明する書類(支払済の専用振込用紙の写し又は領収証等)をご持参のうえ、
当センター事務局の窓口にて 令和元年9月30日までに 所要の手続きをお済ませください。 
↑このページのトップへ


北見寄席22 納涼競演会
~ 三遊亭好楽・桃月庵白酒・江戸家子猫 ~
とき: 8月18日(日) 午後3時開演
ところ: きた・アート21(芸文)音楽ホール〈全席指定〉
対象: 会員/家族(先着20名)
助成額: 大人 600円(前売券 3,000円)高校生以下 100円 (前売券 500円)
前売券は、 きた・アート21 において販売中
前売券をご購入のうえ、当センターで所定の助成手続きを!
※公演の詳細は、北見芸術文化ホ-ル(?31-0909)へ
↑このページのトップへ


川井郁子 100年の音楽コンサート
~ 世代を超え愛される名曲を華麗なヴァイオリンと楽しいトークで ~
とき: 9月11日(水)  午後7時開演
ところ: きた・アート21(芸文)音楽ホール〈全席指定〉
対象: 会員/家族(先着20名)
助成額: 大人 600円(前売券 3,000円)高校生以下 100円 (前売券 500円)
前売券は、 きた・アート21 において販売中
前売券をご購入のうえ、当センターで所定の助成手続きを!
※公演の詳細は、北見芸術文化ホ-ル(?31-0909)へ
↑このページのトップへ


市民提案企画型事業  劇団イナダ組北見公演
『talk talk』 ~遥か故郷を離れて~
とき: 10月12日(土) 午後4時30分開演
ところ: きた・アート21(芸文)中ホール〈全席自由〉
対象: 会員/同居家族(先着20名)
助成額: 大人 400円(前売券を 1,600円で販売)高校生以下 100円(前売券を400円で販売)
前売券は、 当センター窓口において販売中
(公演の詳細は、北見芸術文化ホールへ ☎31-0909)
↑このページのトップへ

各種助成など窓口で取り扱い中です!! (現金不要のものはFAX/郵送対応可)


たんのカレーライスマラソン参加料への助成
今年は9月15日開催です。
助成を希望されるチームは8月中に所要の手続をお取りください。
申込には、出場決定通知書・領収書等が必要です。


市民温水プール利用回数券購入助成 
健康の維持増進のため、温水プールでトレーニングをしませんか!
市民温水プール利用回数券(券種:10枚綴、20枚綴又は30枚綴)の購入に、一律600円の助成券を発行中です。
※常呂町健康温水プールの助成券も、当センター事務局にて発行します。
ゴルフレッスン受講料助成〔光西町 セフランドゴルフ230〕
光西町セフランドゴルフ230の40分間レッスン受講料2,000円に500円の助成券発行
〔会員1人2枚〕
センター指定保養所利用券
指定保養所利用の際に、会員 2,000円/家族 1,000円の助成券発行
〔会員/家族1人1回、旅行代理店は対象外〕
文化・芸術等の鑑賞料助成
市内を含む道内で開催の演劇やコンサート、美術展等の2,000円以上の鑑賞料に1,000円を助成
〔会員/家族1人1回、要チケット半券〕
スポーツ観戦料助成
市内を含む道内で開催の在道各種プロ球団のゲーム、又はアマスポーツの大会などで2,000円以上の観戦料に1,000円を助成
〔会員/家族1人1回、要チケット半券〕
道新文化センター講座入会料助成
書道/絵画/茶道/料理/手工芸/音楽/舞踊/語学/パソコン等多彩なメニューで生涯学習を!
〔会員1人1回〕
北見ファミリーランド利用助成券
遊具利用1日券(1,400円)に対して、500円の助成券を発行
〔会員1人2枚〕
ボウリング場利用料助成〔下記2ボウリング場で使用できる「助成券」を発行〕
健康増進やストレス解消にみんなでボウリングを楽しみませんか。
利用料金: ボウル北見   1ゲーム(一般500円)に150円を助成
ボウルサンシャイン北見  1ゲーム150円を助成
利用方法: 当センター発行の「助成券」を添え、各ボウリング場へお申込みください。
会員1人5枚まで。先着150枚
また、ボウルサンシャイン北見は 会員証提示で、
ボウル北見は当センター発行の「割引券」と併用で、更に100円割引となります。
骨粗しょう症検査受診料助成
北見市実施の本年4月1日現在満40・45・50・55・60・65・70歳の女性を対象とする検診に係る
自己負担額900円を全額助成 〔会員/家族〕
のんたの湯回数券購入助成券
入浴回数券(8枚綴 3,000円)に500円助成券発行。
ゆったりお風呂に浸かり、心身のリフレッシュを図りませんか。
遠赤磐サウナも!!〔会員1人1枚〕
特定健診受診料助成
40才~74才の会員/家族を対象として、受診後の自己負担額に対し助成 (800円上限)
各ドック(人間・脳・心臓)受診料助成
健康チェックを! 人間ドック・脳ドック・心臓ドックとも5,000円の助成
〔会員1人いずれか1回〕
がん検診受診料助成
北見市が実施する、がん検診(胃・肺・大腸・子宮頚・乳)の受診後、自己負担金に対し各全額助成
〔会員/家族〕
ただし、受診の前に当センターへの助成申込みが必要
↑このページのトップへ


人間ドック・脳ドック・心臓ドック検査料への助成(いずれか一つについて助成)
区分 助成数 助成額 検査機関
人間ドック 会員12名 5,000円 市内の医療機関
脳ドック 会員 8名 5,000円 同上
心臓ドック 会員 5名 5,000円 同上
※オプション検査及び簡易ドック、並びに付加健診は対象外です。
受診予約: 市内の医療機関に受診を予約し受診日が決定した後に、当センターへ助成申し込みをしてください。
助成方法: 受診料を支払った後に、当センター所定の「ドック助成金請求書」に当該医療機関から
受診証明を受け、領収書を添えて当センターへ提出してください。
助成金は、後日、事業所口座に振込みます。
↑このページのトップへ



安全、確実、有利な国の退職金制度です。(詳細は事務局又は下記ホームページを!!)
中小企業退職金共済制度〔従業員用〕
~退職金は仕事への意欲と心のゆとりをつくります~
安全・確実・有利な国の制度を活用して、老後の生活安定や第二の人生を有意義に過ごす資金として積み立てを検討しませんか?


国の制度で、掛金の一部助成制度もあります。
掛金は損金や必要経費として全額非課税となります。
過去の勤務期間や転職した場合などに通算ができます。
中退共から直接、従業員に退職金が支給されます。
小規模企業共済制度〔経営者用〕
~個人事業主や会社役員のみなさんを応援します~
個人事業主や会社役員の方が事業をやめたり、退職されたときに生活安定や事業再建等の資金を準備しておく制度です。制度を運営する経費は国が負担します。

国の制度で安心・確実な共済制度です。
共済金は廃業時・退職時に受け取れます。
掛金は税法上全額が課税対象所得から控除できます。
掛金は将来受取る共済金の原資として全額充当されます。
↑このページのトップへ


【このページの問い合わせ先】
一般財団法人北見市勤労者福祉サービスセンター 
〒090-0040 北海道北見市大通西2丁目2番地1
電話番号 0157-22-7115 FAX番号 0157-25-4992
↑このページのトップへ