(一財)北見市勤労者福祉サービスセンター参加者募集・助成のお知らせ一覧>がん検診・骨租しょう症検診・特定健康診査助成のご案内
更新日:2019.6.3

〜 快適な日々を生涯送るため、家族の安心のため 〜

6月3日 受付開始

がん検診・骨粗しょう症検診・特定健康診査の助成案内


≪がん検診(全額助成)≫
6月から北見市が実施する、胃がん・肺がん・大腸がん・子宮がん・乳がんの検診を受ける際の自己負担額を全額助成いたします。
検診日程等は、「広報きたみ」5月号のA3判折込チラシ「令和元年度 北見市がん検診のお知らせ」でご確認下さい。。
*申込方法*
受 受診を希望される方は、先ず北見市健康推進課(電話 23-8101)か、受診希望の自治区総合支所へ電話等で申し込みをし、検診日を確認してから当センター事務局へご連絡下さい。
(助成定員 会員/家族50名)
*助成方法*
受診し、自己負担額を支払った後、当該領収書(レシート可)を当センター事務局へご提出下さい。
後日、事業所口座宛に助成金を振込みます。 
↑このページのトップへ


〔集団検診:市指定会場〕
検診種別 対象年齢 検査内容 自己負担額
胃がん 40歳以上 胃部X線(バリウム)検査 900円
肺がん 40歳以上 @X線検査
A喀痰検査
@200円
A500円
大腸がん 40歳以上 便潜血検査 400円
子宮頸がん 20歳以上
(2年に1回)
@頸部細胞診+超音波検査
A頸部細胞診+超音波検査+体部がん検診
@1,300円
A1,800円
乳がん 40歳以上
(2年に1回)
視触診+マンモグラフティ検査
@40〜49歳 2方向撮影
A50歳以上 1方向撮影
@1,200円
A1,000円
※ 上記「対象年齢」は、本年4月1日現在での満年齢です。


〔個別検診:市指定医療機関〕
検診種別 対象年齢 検査内容 自己負担額
子宮頸がん 20歳以上
(2年に1回)
@頸部細胞診検査
A頸部細胞診検査+体部がん検診
@1,400円
A2,000円
乳がん 40歳以上
(2年に1回)
視触診+マンモグラフィ検査
@40〜49歳 2方向撮影
A50歳以上 1方向撮影
@1,300円
A1,100円
大腸がん 40歳以上 便潜血検査 600円
※ 上記「対象年齢」は、本年4月1日現在での満年齢です。
↑このページのトップへ


≪骨粗しょう症診査(全額助成)≫
対象者は、北見市民で、本年4月1日現在、満 40・45・50・55・60・65・70歳の女性の方です。
助成定員 会員/家族10名(自己負担額 900円)
※申込及び助成方法は、がん検診と同様です。
↑このページのトップへ


≪特定健康診査(500円助成)≫
特定健康診査は、メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)に着目した健診です。
メタボリックシンドロームは、内臓脂肪の蓄積により、高血糖、高血圧、脂質異常症等が重複した状態のことです。
自覚症状はほとんどありませんが、放っておくと動脈硬化が急速に進行し、心臓病や脳卒中等を引き起こす危険性が高まります。
この特定健診は、自分の健康状態を知り、身体のSOSに気づく第一歩です。ぜひご活用下さい。
*受診対象者*
40歳〜74歳の会員及び家族です。
(協会けんぽ加入者は家族・国保加入者は会員及び家族)
*検査受診の流れ*
<協会けんぽ加入者>
 (1)協会けんぽから、加入者本人の自宅に受診対象者の受診券が送付されます。
 (2)受診を希望される方は、特定健診実施医療機関で受診して下さい。。
<国民健康保険加入者>
 (1)加入者個別に受診券が送付されます。
 (2)受診を希望される方は、特定健診実施医療機関で受診して下さい。
*申込方法*
受診日が決定しましたら、当センター事務局へご連絡下さい。
助成定員は会員・家族25名です。
*助成方法*
受診し、自己負担金を支払った後、当該領収書(レシート可)を当センター事務局へご提出下さい。
後日、事業所口座宛に振込みます。
※自己負担金は、北見市国保加入者は500円ですが、それ以外の方は実施医療機関でご確認下さい。
↑このページのトップへ

各種給付金の請求期間は、その給付事由の発生の日から「1年間です!」この期間内に請求の手続きを行わないと権利が消滅してしまいます。ご注意を!