釧路教会 釧路市黒金町12-10


 日中戦争中の昭和13年, 主任司祭に着任した武宮雷吾師は,太平洋戦争中の苦難の時代を教会を守りながら終戦を迎えた。戦後は,魚が水を得たように活発な宣教を開始した。戦後の復興と、カトリック教会の発展は、青年の双肩にかかっているとして,22年10月,「青年を王たるキリストに捧ぐる文」を青年会で1万部印刷し,全国各教会に無料発送した。信徒は急増し、聖堂は狭隘になったので、信徒の献金により,聖堂の増築に着工し、23年復活祭に祝別された。
 
24年11月,武宮師は稚内教会に転任した。その後は短期間に,主任司祭が交代し、信徒は落着かない気持ちだったが、釧路地区はフランシスコ会ヴェネチア管区が担当することになり、27年7月、同管区のダミアノ・ブレッサン師が主任司祭として着任した。
 信徒は急増し、従来の聖堂では狭隘になったので、32年春、新聖堂と同教会付属「釧路カトリック幼稚園」の建築に着工し、同年9月8日、献堂・祝別を行った。一階は幼稚園,二階が聖堂で,総面積759平方メートルである。52年10月10日,創立50周年を盛大にお祝いした。記念事業として、市の共同墓地の一角にあるカトリック墓地に,立派な地下納骨堂を建設した。
 
当教会は釧路駅に近く,市の中心部ではあるが、幼稚園を併設する教会としては、敷地が狭く、かねてから主任司祭ルカ・ボナヴィゴ師、信徒会が一丸となって,移転計画が進められていた。その努力が実り,従来の教会から約100メートル離れた現在地に、従来の敷地の二倍の2,167平方メートルを入手し, 教会・幼稚園を新築し、献堂・祝別式が57年6月27日行われた。
 平成11年現在の信徒数は545名である。


         歴代主任司祭

アレキシオ・ヒップ師(1927〜1933)
ラジスラオ・フレッシュ(1933〜1936
ユスチニアン・ヒンツ()1936〜1938
武宮雷吾師(13・2〜24・11)
ラジスラオ・フレッシュ師(24・11〜25・1)
ビルジル・ナーゲル師(25・1〜25・5)
ダビド・ミバク師(25・5〜25・8)
ビルジル・ナーゲル師(25・8〜26・5)
ダビド・ミバク師(26・5〜26・7)
ダマソ・ゴラ師(26・7〜27・7)
ダミアノ・ブレッサン師(27・8〜33・10)
ヴェンセスラオ・ミオン師(33・10〜38・9)
カリシモ・ロンデロ師(38・9〜39・5)
ジャンクリストモ・マッツーチ師(39・5〜47・1)
ルカ・ボナヴィゴ師(47・1〜59・3)
カリシモ・ロンデロ師(59・3〜61・3)
ジャンクリストモ・マッツーチ師(61・4〜H5・3)
ナルチゾ・カバッツォラ師(H5・4〜2002)
ルカ・ボナヴィコ師(2002〜2011)
川上 剛師(2011〜現在)



歴代司祭写真

森 信夫

武宮雷吾

ダミアノ
・ブレサン

ベンチェスラオ
・ミオン

カリシモ
・ロンデロ


ヨハネ
・マツッチ
ステファノ
・チヴィディニ

ボナベントウラ
・トヌッティ

ルカ
・ボナビゴ

ナルチゾ
・カバッツォラ



 道東地区のフランシスコ会の会員たち



  

 元新潟司教様、釧路のお墓をお参りしました。



back to top