KABAとは釧路拒食症過食症協会(Kushiro Anorexia BulimaAssociation)の略称です。この会は摂食障害本人の集まりで,養生邑診療所の斉藤先生を顧問とし、週一回釧路黒金カトリック教会でミーティングをおこなっています。ミーティングはクローズドで行われていますが、医師から摂食障害という診断を受けた仲間なら誰でも参加することができます。このミーティングは、まず独りで悩むことをやめ、同じ悩みを抱えた仲間たちに囲まれて有りのままの自分でいても大丈夫で安心できる場を持とう、ということで始められました。仲間たちの正直な体験を聞くこと、自分も心を開き今まで話せなかった事を語ることで、向き会わなければならなかったことを語ることで、向き合わなければならなかった問題、体験と向き合うことができる様になります。その事でお互いに問題を分かち合い、助け合いその中から自分なりの回復を見つけ出す事ができることを願っています。



拒食症・過食症に関するお問い合わせは

釧路:マザーグースの会 療育サロン(りょういくさろん)
    電話番号 0154−44−3715

札幌:札幌市立精神保健福祉センター
    電話番号 011−622−2561

札幌:北海道立精神保健福祉センター
    電話番号 011−864−7121



AA
AA、アルコホーリクス・アノニマスは、経験と力と希望を分かち合って共通の問題を解決し、他の人もアルコホリズムから回復するよう手助けしたい、という男女の集まりである。AAのメンバーになるために要求されることは、酒を止めたいという、願望だけである.会費も月謝もいらない。われわれは、自分たちの献金だけで自立しているのである。AAはいかなる宗教、宗派、政党、組織または施設にも縛られていない。また、いかなる論争にも、それが支持、反対いずれの立場からのものであっても参加しない。われわれの目的は、飲まないで生きること(ソブラエティ)であり、他の人たちもソブラエティを達成するように手助けすることである。                                  



Back to top