カトリック
新川集会所

沿革
新川教会は1958(昭和33年)、釧路市西部の未だ人家の少なかった新川地区の発展を見越した当時のフランシスコ会ベネチア管区長ダニエル・ロメリ師の先見性と努力によって開設された。

母体教会の釧路(黒金)教会の古材を利用して222uの聖堂と264uの幼稚園「釧路聖母幼稚園」が建てられ、献堂・祝別された。当時高くそびえる十字架の尖塔が目立った。初代主任司祭にステーファノ・チヴィディニ師が就任。黒金教会から30人の信徒が移籍。1968年・教勢の伸展に伴い、地上2階地下1階総床面積446uの現教会に立替えられ、同年9月に献堂された。

尚、2015年4月1日に釧路教会と正式に統合し、「新川集会所」と名称を変更した。



釧路市新川町16−19

    <幼きイエスの聖テレジア>

主日のミサ・釧路教会 午前10時

歴代主任司祭

初代ステファノ・チヴィディニ師19591968

2代ヴィトリオ・ガワソ師19681972

3代ヴェンセスラオ・ミオン師19721977

4代ゴブレット・ルナルディ師19771990

5代マウリリオ・ラザロ師19901996

6代ヨハネ・マッツーチ師19961997

7代ルカ・ボナヴィゴ師19971999

8代カリシモ・ロンデロ師19992011

9代川上 剛2011-現在

back to top