社会福祉法人 親善福祉協会




 地域活動交流事業
  地域の方々の福祉・保健等に関する活動や交流の場としてご利用いただくと共に、各種講座やイベントの実施等を行います。
 地域包括支援センター
  保健師・社会福祉士・主任ケアマネジャーなどのスタッフを配置し、各種相談や介護予防などに応じます。
 ケアマネジメント(居宅介護事業)
  利用者の意向を聞きながら、介護度に応じた居宅サービス計画の作成と管理をします。



地域活動交流事業とは?


 地域活動交流事業とは支えあう地域づくりを重視した横浜市独自の事業です。地域の方を主役として、その活動をバックアップするために様々な講座や事業があります。
福祉・保健等に関する活動や交流の場としてご利用いただくと共に、各種講座やイベントの実施等を行います。


各種講座やイベントの開催
 福祉保健目的の講座をはじめ、子育て支援や学齢期の子ども、高齢者向けの様々な事業を開催しています。


福祉保健活動の場の提供
 地域の皆さんの福祉保健活動やボランティアの活動・打ち合わせ、子育ての自主活動などに多目的ホール、調理室等をお貸しします。


地域支援
 地域の福祉保健団体や、支えあい活動のお手伝いをします。


ボランティアの育成、コーディネート
 地域のニーズを捉え、ボランティアの育成(育成講座の企画、開催、ボランティアグループの立上げ)またコーディネートをします。


福祉保健の情報の収集、提供
 地域での子育て支援、地域活動、ボランティアやケアプラザの情報を収集し、広報やチラシ、掲示板等にて、地域の皆さんへ提供をします。

健康相談
 地域の皆さんの健康に関する相談に応じます。

各種研修、福祉教育の受入れ
 地域ケアプラザへの研修、福祉教育を受け入れています。事前にご連絡ください。


地域包括支援センターとは?


 「地域包括支援センター」とは、高齢者が住み慣れた地域で生活を続けられるよう、介護保険やその他のサービスを効果的に利用するための様々な支援をするところです。
保健師等・社会福祉士・主任ケアマネジャーなどのスタッフを配置し、各種相談や介護予防などに応じます。

総合相談・支援
 高齢者やその家族の、生活全般に関わる様々な相談を受け、必要なサービス提供につなげます。また虐待の防止や成年後見制度の案内普及に努めます。


ケアマネジャー支援
 区役所や地域の関係機関との連携・協力体制を進めます。また、ケアマネジャーの抱える問題に一緒に取り組むなど、ケアマネジャー支援を行います。


介護予防支援
 介護予防に関する情報提供や生活機能の維持・向上が必要な方の介護予防プログラム、要支援1・2の方の介護予防サービスのケアプランを作成します。


介護保険全般の相談・申請手続き代行
 介護保険制度のについての相談・説明、代行申請を行います。ケアプラザまでお越しになれない方はご自宅へ訪問します。


ケアマネジメント(居宅介護事業)とは?


 介護度に応じて、ケアマネジャーが日常生活に必要な医療・福祉サービスを利用できるよう居宅介護計画(ケアプラン)を作成します。
ケアプラン作成後も利用者・家族の皆様と連絡をとり、相談しながら必要なサービスを提供できるように、サービス事業者と連絡調整を図りながら支援します。
(2009年4月現在 ケアマネージャーの要介護者の担当は35件と定められております。)

申請からサービス開始まで

1. 要介護認定申請
介護保険を利用する場合、要介護認定を受けることが必要になります。
要介護認定を受けるためには、区役所への申請が必要です。

      

2. 認定調査
介護認定調査員が申請者を訪問し、聞き取り調査を行います。

      

3. 介護認定審査会
聞き取り調査と主治医の意見書をもとに介護認定審査会でどのくらい介護が必要かなどを審査、判定します。区は介護認定審査会の審査・判定にもとづき、要介護度の認定を行います。

      

4. 介護サービス計画(ケアプラン)の作成
通知された区分に基づいて、ケアマネジャーが本人の希望や状態に応じた居宅サービス計画(プラン作成)をたてます。


施設概要 / 事業・サービス / 地図・問い合わせ