プラントマンの製造販売、株式会社エス・エス・ケイです。

 

ホームへ戻ります。株式会社エス・エス・ケイ 会社案内です。会社概要・事業内容・沿革など。プラントマンのカタログをPDFでダウンロードできます。Eメールでお問合せの場合はこちらからどうぞ。
 
新製品のご案内

大型土のう袋詰機械 プラントマン 【特許出願中】
仮設・緊急災害時に力強いパートナー現る!


プラントマン施工状況

  プラントマンの特長

安全 安心 スピーディー 能率アップ プラントマンの特長です。


プラントマンを平らな場所にセットて下さい。 内袋を止め金具で固定し、トンパックをバネフックにかけます。 土砂を投入する前にホッパーのロック状況を確認します。 衝撃の少ない高さからバックホウにて土砂を投入します。
投入後、隣の桝にホッパーを人力にて移動させます。
※アングル車輪でレールの上を転がすので、軽く移動できます。
2と同様に内袋を止め金具にて固定し、バックホウにて土砂を投入します。 トンパックの口をしばりバックホウにて吊り上げる準備をします。 詰め終わった土のうを吊り出した後1からの工程を繰り返します。
設置施工後の状況

弊社実績で、「利根川・坂東橋仮設水廻し」に於いてバックホウ0.45立方メートル対応型により大型土のうを6日間で1,320袋(1日平均220袋以上)を詰めた施工後の状況です。
※バックホウ0.8立方メートル対応型を使用した場合は1日平均300袋以上の大型土のう詰めが可能です。(当社実績)

プラントマン優位点

プラントマンの土砂詰め作業には、バックホウ1台、作業員1〜2名でパック詰めが可能です。

プラントマンは、ホッパー自体が台車になっており、アングル車輪でレールの上を、人力にて軽く移動します。

ホッパーの大きさは、1700×1700で大型(0.7立方メートルクラス)のバックホウでの作業が可能となり、大幅に作業効率が
  上がります。

バックホウ作業での投入作業時に、作業員が作業範囲内に立入らないため安全な施工ができます。


プラントマンの総重量は 670kg〜720kgとなります。

 

本機は改良のため、予告なく変更することがありますのでご了承下さい。

掲載写真およびイラストは一部販売品と異なる場合があります。

本機をご利用される際の注意事項の詳細は取扱い説明書をご覧ください。


株式会社エス・エス・ケイ 

本 社

〒389-0202

長野県北佐久郡御代田町草越1173-137

TEL 0267-32-2737 FAX 0267-32-2837 mail:ssk1@bz03.plala.or.jp

 

(C)Copyright 2010 SSK Co.,Ltd. All rights reserved.