Urawa Labour Standards Association
一般社団法人浦和地区労働基準協会

TEL:048-832-1161/FAX:048-832-1162

 

定款


一般社団法人 浦和地区労働基準協会 定款 (抜粋)


第 1 章    総    則
(名 称)
 第1条 この法人は、一般社団法人浦和地区労働基準協会(以下「本会」という)と称する。

(事務所)
 第2条 本会は、主たる事務所を埼玉県さいたま市に置く。


第 2 章    目的及び事業
(目 的)
第3条 本会は、厚生労働行政のサービス事業を行い、労働基準法、労働安全衛生法、労働者災害補償保険法、その他労働基準関係諸法令の普及を図り、労働者の安全と健康を守り、労働条件の改善と福祉の向上に資することにより、企業の繁栄と地域産業の健全な発展に寄与することを目的とする。

(事 業)
第4条 本会は、前条の目的を達成するため、次の事業を行う。
    (1)労働基準関係法令の普及に関する事業
    (2)労務管理、安全管理、労働衛生管理等の改善及び向上に関する事業
    (3)労働安全衛生法に基づく講習及び各種特別教育講習に関する事業
    (4)労務管理、安全管理、労働衛生管理、労働者災害補償保険制度等についての講習会、講演会、研究会、研修会、見学会、説明会等の開催に関する事業
    (5)優良事業場及び優良労働者の表彰に関する事業
    (6)会報、資料等の配布による広報活動及び参考資料等の提供に関する事業
    (7)労働基準関係法令に基づく諸手続き及び労働問題についての相談に関する事業
    (8)その他、本会の目的達成のための必要な事業
  2 前項の事業は、本会所管区域内において行うものとする。
    本会所管区域とは、さいたま市(旧浦和市・旧与野市)、朝霞市、和光市、新座市、志木市の区域をいう。

第 3 章    会    員
(会員の構成)
第5条 本会に、次の会員をおく。
    (1)正 会 員  本会の目的及び事業に賛同して入会したもの
    (2)賛助会員  本会の目的に賛同し、その事業を賛助するために入会した法人、法人の事業場、又は個人
  2 前項会員のうち正会員をもって、一般社団法人及び一般財団法人に関する法律(以下「法人法」という)上の社員とする。

(入会及び会員の資格)
第6条第6条 会員として入会する者は、理事会の定める「入会申込書」を提出し、その承認を受けなければならない。
  2 会員は、本会の事業活動に参加する権利と義務を有し、この定款及び諸規定に従った行動をする義務を負う。

(会 費)
第7条第7条 本会の会員は、会員になったとき及び毎年、総会の決議によって定める会費を納入しなければならない。
  2 既納の会費は返還しない。

(退 会)
第8条 会員は、理事会の定める「退会届」を提出することによりへ任意に退会することができる。


(以下省略)


定 款.pdf




   

Copyright ©浦和地区労働基準協会 All Rights Reserved.